>

現代でも生き残っているテレクラ

テレクラのシステム

テレクラは、男女の出会いを目的として営業しているお店で、そのシステムとしては男性がテレクラのお店に行き、店内の個室で女性からの電話を待ち、かかって来た電話を受けて女性との会話を楽しむというものになります。

男性はテレクラのお店に入店するにあたり、入店料を支払う一方で、電話をかける側の女性はフリーコールのダイヤルでかけるため、費用は特に発生しません。
テレクラのお店の看板や広告などを見て、興味を持った女性がお店にフリーコールで電話をし、お店側が個室で待機している男性にコールを振り分けるというような流れとなっております。

男性が支払う入店料はお店ごとによって異なり、入会金などが必要なところもあれば、時間制で料金を定めているところもあり、さまざまです。

無店舗型のテレクラとは

テレクラは、店内で男性が待機して女性からの電話を待つというスタイルが一般的なのですが、その一方で無店舗型のテレクラというものも存在します。
無店舗型のテレクラというのは、その名の通り、店内で女性からの電話をひたすら待つのとは異なり、男性が自宅など好きな場所から女性が待機している店舗に電話をかけるというシステムのものになります。
そのため電話をかければ確実に女性と話しをすることができ、待機時間という無駄な時間を省けることから、効率を重視する方に人気があるようです。

無店舗型のテレクラの場合には、電話料金を事前にポイントという形で購入し、そのポイント分の時間だけ話をすることができる前払い方式と、好きなだけ電話で会話を楽しみ後から料金を支払う後払い方式があります。


この記事をシェアする